江戸の食文化を守り伝える—東京の伝統野菜【江戸東京野菜】の取組み

江戸の食文化を守り伝える—東京の伝統野菜【江戸東京野菜】の取組み


皆さんは「江戸東京野菜」を知っていますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA江戸から東京という時代の中で栽培され、その時代に消費されて食文化を形成した野菜です。亀戸ダイコン、練馬ダイコン、伝統小松菜、馬込半白キュウリ、寺島ナス…などなど、東京には伝統野菜がたくさんありました。

江戸時代中期、江戸の人口は百万を超えました。 それだけの人口をまかなう食料の生産地として、近郊に野菜の産地ができ上がりました。また、大名の参勤交代に伴う人や物の移動によって、全国各地の野菜の種が江戸に集まるようになりました。その結果、 江戸の気候・風土の中で特色ある野菜が生まれ、産地の地名で呼ばれるようになりました。明治以降も、キャベツやハクサイ、短根ニンジンなどの新野菜が導入され、生産や品種改良が盛んに行われました。農家は野菜の生産だけでなく、良質な系統を選抜して採種、種の保存にも努めてきました。

昭和の指定産地制度により東京の農家は激減し、一時は絶滅の危機とまで言われていました。そんな江戸東京野菜が今、復活しようとしています。

大竹道茂さんはJA東京中央会で平成元年より江戸東京野菜の復活に取り組み、現在は農林水産省選定「地産地消の仕事人」、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会会長、江戸東京野菜推進委員会(JA東京中央会)委員などを兼務されています。 江戸東京野菜の継承をライフワークとするスペシャリストに、お話を伺いました。

絶滅の危機に瀕した江戸東京野菜、復活のメソッド

大竹道茂さん

大竹道茂さん


これらの伝統野菜はなぜ衰退したのか…大竹さんは、「伝統野菜はまずくて栽培されなくなったのではなく、流通に乗らなくなってしまったのです」と語ります。

衰退の要因である”指定産地制度”。「市街化区域内には農地は不要」の考えのもと、大都市で消費する野菜を地方で大量栽培する動きが始まったのは、昭和40年ごろのことでした。全国各地に作られた大産地では、l代雑種の交配種が普及し、規格どおりの野菜が無駄なく消費地に送られるようになりました。これにより、そろいの悪い固定種の伝統野菜は敬遠されるようになり、昭和60年代に入り固定種を栽培していた農家は激減していました。

大竹さんの活動の始まりは、都内50箇所に江戸東京の農業の説明板を立てることでした。江戸東京野菜のことを多くの人に知ってもらおうという狙いでした。その効果は徐々に現れはじめます。

江東区亀戸では小中学校での「亀戸ダイコン」の栽培、品川区では「品川カブ」をケーキや餃子などへ商品化することを通した町おこし、そして早稲田の旧家の庭から発見された「早稲田ミョウガ」…メディアにも取り上げられ、江戸東京野菜の話題はどんどん広がっています。

 

ほかの地域の「ご当地野菜」との違いとは?

ブランド化されたご当地野菜の中には、一般野菜も含めた作物を「ご当地野菜」として売り出しているところもあります。また、固定種を揃いの良い交配種にして名前は伝統野菜のままで、販売しているところも。それに対し、江戸東京野菜のこだわりとは?

—江戸東京野菜は何よりも固定種であることにこだわり、さらに東京で栽培し、東京に食べに来てもらう、買いに来てもらうことを目指しています。しかも、固定種はあくまで旬が命なのでその季節にしか食べられない野菜がたくさんあります。そうなれば、希少価値も自然と生まれます。さらに、今後は江戸東京野菜を切り口に体験農業や観光農業といったビジネスにも結び付けられると思っています。

 

継承のカギは子供たち

大竹さんが特に力を入れている活動に、小中学校での栽培があります。



砂村一本ネギを栽培する子供たち

砂村一本ネギを栽培する子供たち


「砂村一本ネギ」はその一例です。江東区東砂の区立第五砂町小学校では2010年から、伝統野菜の砂村一本ネギを種から育てて収穫し、給食で食べるという食育活動を続けています。4年生が8月に種をまき、春に収穫したネギの種を毎年、次の4年生に手渡しています。ネギの命を代々つなぐということが伝統行事になっています。「種の保存は学術的にも文化的にも大切で、江戸東京野菜の持つ本来の遺伝子を保つことが重要だ」と大竹さんは語ります。上級生から下級生に種を渡すことで、種の命が学校の歴史とともにつながってゆきます。

2014年末までに決定された江戸東京野菜は40品目にのぼります。大竹さんは、江戸東京野菜の発掘と同時に、農家、市場関係者、青果商、料理人、料理研究家、フードジャーナリスト、野菜ソムリエ、企業などを結びつけるネットワーク作りにも取り組んできました。


—これらの野菜を食べた多くの方は、その個性豊かな味わいに驚き、魅了されてしまいます。江戸東京野菜は旬の時期にしか出回らない、季節を知らせる野菜です。店頭に並んでいたら、ぜひ手にとってください。また、江戸東京野菜は、食べる人がいなくなれば絶滅してしまいます。食べ続けることが大事なのです。学校での栽培や給食の食材としての利用、また収穫祭などを通して、子供のうちから江戸東京野菜に触れていれば、将来次の世代にも伝えてくれると信じています。

 大竹道茂さん ブログ「江戸東京野菜通信」: http://edoyasai.sblo.jp/